金星にみるあなたの愛のかたち


金星がお羊サインにある人

   断定的な表現をし、積極的で楽しい人です。愛においても主導権を握りたがり、自己顕示欲の人です。外向的で情熱的なアプローチが特徴。男女を問わず勝気で、リーダーシップをとる目立つ存在です。頼りにされると能力を発揮する人なので、あなたを必要とする人をえらびましょう。



金星が牡牛サインにある人

   実際派で、現実的な人です。そのため安定感があり、アプローチの仕方もシンプルで、ダイレクトです。正直さと誠実さが人をひきつけますが、情にもろく抗しきれない一面もあります。不安を感じると別人に変身。嫉妬と横柄さに支配されがち。周囲を楽しませることが好きなので、その面をアピールすることが愛を獲得する秘訣です。



金星が双子サインにある人

   この人に退屈という言葉は不用です。あらゆる分野に好奇心をもち、休むことをしりません。そんな性格が幸いして、多数の友人に囲まれ、機知にとんだ会話センスも抜群。一方、それらがマイナス方向に進むとすべてが裏目にでます。好奇心は複数の異性への関心へとむかい、永続性に欠ける結果となり、果てには浮気者というレッテルがはられがち。知識にハートが伴わなければ、本物を見過ごしてしまいますよ。



金星が蟹サインにある人

   感受性がありすぎて傷つきやすい人です。そのせいか防衛本能が強く、そんな自分を隠しがちです。愛に多くを期待しすぎるために失望しがちです。ただし、いったんこの人と思うパートナーに出会ったとたん、献身的につくし、母性で接します。



金星が獅子サインにある人

  暖かな人柄で、熱烈な恋への憧れは、人一倍です。愛情の表現も接し方もドラマティックで、スポットライトを浴び続けていたいあなた。そんな気持ちがこの人を魅力的に振舞わせます。ロマンティックで自分を崇拝してくれる人を探し、そんな人にたいしては気前よくふるまいます。時に一人舞台を演じているようなところもありますが、誠実で、心からパートナーを愛します。



金星が乙女サインにある人

  恋に対しても分析と批判力はかわりません。それは用心深い性格がなせるわざです。でも内心は内気で、外見のクールさとはうって違い繊細です。そしていったん、この人と思ったら、几帳面さと清潔好きを発揮して、献身的につくします。ただ潔癖な性分がパートナーに息苦しさを感じさせる点は注意が必要。



金星が天秤サインにある人

   エレガントに生きたい。その願いどおり、優雅で、洗練されていて、社交的です。周囲の人たちをリラックスさせ、楽しませることも得意のはず。不快なことは嫌いで、友好的な性格が、困難さにあうと裏目にでる場合もあります。自身を汚して生きることを巧みに避けます。試練も自身を磨くチャンスととらえて行動してみてください。魅力が倍増するはずです。



金星が蠍サインにある人

   セクシーさが異性の関心をひきます。愛情深く、熱烈ですが独断的で、相手の気持ちを理解できずに行動しがちです。いったん火がつくと熱烈で、激しく燃え続けます。それが時に破局へとつながりますが、裏切られると執念深く追いたがります。多情多恨。恋が情念に支配されがちですが、たまにはクールに知的に相手を観察してみてください。別の一面がみえてくるはずです。



金星が射手サインにある人

   恋においても自由でありたい。そんな願いがパートナーとの関係をフレンドリーにします。くっつきすぎず離れすぎずがモットーです。ユーモアと不快な出来事に遭遇しても深刻にならない楽天性が魅力です。パートナーには、同じ思考と趣味を分かちあえる人を求めます。



金星が山羊サインにある人

   まじめで恋愛においては引っ込み思案。臆病です。ほんとはロマンテイックなのに、表面上は冷淡にふるまいます。感情をむやみにさらすことが怖くて、愛の告白ができずに自ら失恋の道を歩みがち。そんな孤独が仕事へ、成功願望へと駆り立てます。パートナーは自身の仕事を助けてくれる人を求めます。結婚すると誠実で頼りになる古いタイプの良き伴侶を演じます。



金星が水瓶サインにある人

   恋に突然落ち、突然終わる人です。自由を愛し、束縛されるのが嫌いです。こんなあなたの恋は友人から始まり、恋人へと移行します。なんにでも関心をもってチャレンジする性分のため晩婚になりがちです。パートナーにはあなたと同様に、独立心と理想を持った人を選ぶはずです。オープンな関係がモットーで、独占されることを何よりも嫌います。

たまには君がいなくては生きていけないという所もみせましょう。相手はあなたの別の一面に魅力を覚えるはずです。




金星がうおサインにある人

   愛なくしてあなたは生きていけません。自己犠牲・奉仕・慈愛が生来から身についている人です。そんな優しいあなたの周囲にはすぐに人の輪ができます。ただし、利用しようと近づいて来る人もいます。”過ぎたるは及ばざるがごとし”ということわざをかみしめてください。特に結婚生活においては、献身がパートナーの自立を妨げるマイナス面もあることを忘れずに、たまには思いっきり突き放してみてください。絆がさらに深まるかもしれません。






back