あなたの仕事運


外向的でチームワークを組んで他人と仕事をすることが好きな人。あるいは個人プレイのスポーツ選手。またクリエィティブな仕事に生きがいを見出す人。実にさまざまな職種があるものですが、それではどんな仕事なら、あなたの能力が発揮できるのでしょうか。その答えをなんなくみつけられる人とそうでない人がいますね。あなたはどちらですか。

目的が明確な人は迷わずお進みなさい。一方、自分という人間がよくわからないために、選ぶことができない人は、ホロスコープの中に自分をみつけてください。チャートは明確にその人の性格、好み、能力を示してくれます。自分が進むべき道がみつかるはずです。そしてその特性が発揮できる職種があなたのめざすべき職業です。

政治家は自宅で仕事をすることより、外交的で人間とのつきあいが苦にならない人でないとつとまりません。また芸術家は反対に人間との交流よりも、孤独に耐え、作品を作り上げていくことに生きがいを見いだす人でなくては傑作を生み出すことはできません。それではアストロロジーではどのようにその人の適職をみつけるのでしょう。

まず10惑星がどのように配置されているかをみます。これは惑星パターンとよばれていますが、これにより、その人がどういう事柄に関心をもち、どうふるまうかが判断できます。たとえば惑星が120°以内に集合している人の場合、好奇心が強いというよりは一つの事柄に集中してよそみをしません。反対にすべてのハウスに惑星が散らばっている人は、関心がさまざまな分野にひろがる博識の人といえる一方、何かに集中して仕上げる仕事は向きません。前者は職人気質といわれる人です。一方、後者は旺盛な好奇心によって、幅広い交友関係が構築されるはずですから、社交と知性を生かす職種を選ぶと能力を発揮します。

また地平線より上のハウスつまり第7ハウスから第12ハウスまでに惑星の大半が位置する人は、外交的な仕事がむくので、政治家、経営者、事業家、営業職等の職種が、地平線より下の場合には、独自の世界の構築、技術を必要とする世界、クリエィティブな仕事に生きがいを見出す人です。たとえばアニメの先駆者のウォルトデイズニー、世界的指揮者の小澤征爾氏、作家、またスポーツ選手にも多くみられる配置です。

その人の傾向がわかったら、第10ハウスと第6ハウスをみていきます。

前者は個人のキャリアの評価をみるハウスであり、後者は生活を支えるための仕事、職場の意味となります。もしそれに関連した惑星が調和のアスペクトならば、その人はその分野の仕事で能力を発揮し、評価をえるはずです。また不調和なアスペクトでも、惑星がパワフルであるならば、不屈の精神で勝利をおさめることが可能です。いずれにしても、関連する惑星が、アスペクトにあることがキーポイントです。




back