あなたの幸運


 生れ落ちた瞬間、誰もがさまざまな試練と同時に、少なくとも何か一つ、幸運を授かって地上に送り出されています。

富に恵まれ一生の生活が保障されている人、すばらしい人生のパートナーに出会う人、自力で栄光を掴む人、類まれなる才能を授かった芸術家、苦難の末に栄光に到達する人。この運命の振り分けの謎を誰もが不思議に思っているのではないでしょうか。

残念ながら我々の多くは、その謎のメッセージを把握することなく、望む生き方とは異なる生き方を強いられていると思っています。

それは前世に積み重ねたカルマとは無縁ではないでしょう。だからこそ希望に満ちた来世を迎えるために、我々は日々充実した日々を送る必要があるのです。

アストロロジーでは前世のカルマの恩恵は木星によって、負のカルマは土星によって示されます。また第12ハウスも謎に満ちたハウスでカルマとつながっています。このハウスは従来から悲しみのハウスといわれ、妨害、秘密、隠蔽、隔離といった誰もが近づきたくない場所、出来事をしめしています。

ではあなたの幸運はどこにあるのでしょうか。

木星・金星・太陽の位置をよくみてください。

もし木星が第7ハウスにあって、金星と幸運のアスペクトならば、よきパートナーにめぐりあい幸せな結婚が約束されています。

それはあなたが前世で対人関係に苦労しつつ、誠実で愛情にあふれた態度で生きてきたことに対するご褒美か、あるいは不幸の中にあって、来世には愛情に恵まれた生活がしたいと望んできたのかもしれません。反対にここに惑星があり、試練のアスペクトを形成しているならば、前世では周囲の人たちに悲しみと苦痛を与える人であったのかもしれませんね。不幸と試練の土星の位置するハウスが、あなたがかかえるカルマをしめしています。

土星が第2ハウスにいて、他の惑星と不運のアスペクトにある時、あなたは資金繰り、借金といったお金の問題で苦労するでしょう。第4ハウスならば、家族・相続・不動産のトラブルに苦しむかもしれません。第6ハウスなら、闘病生活を余儀なくされる可能性が、第11ハウスなら悪友に騙されて被害を蒙るかもしれません。

いずれにしても、宿命ともいえる土星の存在を消すことはできませんが、悲劇がおこる時期を見極めて、その被害を最小限度にくいとめること。反対に、幸運の時期をしることにより、最大限に威力を発揮させることがアストロロジーの使命であり、活用方法なのです。

いずれにしても、月、水星、木星、太陽、金星といったベネフィークな惑星が人生の諸問題、たとえばビジネス、恋愛、結婚、金運、健康のいずれかのハウスの支配星にあたり、アスペクトを形成しているか、他の惑星がこれらの天体と調和のアスペクトにある場合がその人にとり、スポットライトをあびるジヤンルです。




back