What is Astrology ?


 アストロロジーの基本はホロスコープ(チャート)にあります。

これは誕生した瞬間の地球をとりまく宇宙の天体図ですが、紀元前、カルデア人によって、誕生時の惑星の配置から、性向、可能性を読み取るために作られた円形グラフです。

中心に地球があると仮定して、東西に地平線が、そして南北を子午線とみなし、円周は太陽の軌道である黄道とみなします。惑星は黄道の周辺を移動していきます。

日々の営みと同様、アストロロジーでも日の出がその人の人生の出発点となります。

チャートの起点となる第1ハウス(アセンダント)は、春分点で午前の6時。

太陽はここをスタートして、一年かけて再び戻ってきます。この太陽の軌道である黄道を12等分したのが黄道12サインとよばれるものです。

一年はユリウス暦の365.25日を採用します。それを12等分して各ハウスはおよそ30日ずつに配分されます。

チャートは地平線と子午線の2つの軸で4つに区分された基点が、一日の時間、つまり朝・正午・夕刻・夜中の時間を示します。東の地平線は日の出にあたる朝の6時。子午線の南は正午、西は夕方の6時、そして子午線の北は夜中の12時にあたります。この4つのポイントは大変重要で、4つのハウスにいる惑星はパワフルでその人物の性格・運勢に多大な影響を与えます。

見方は簡単です。誕生した時、東の地平線上に太陽が位置する星座が昇っていると考えます。もしあなたが大阪に5月16日の午前9時に誕生したとしましょう。太陽はどこにきますか。

あなたのサインの牡牛座をアセンダントにして、時間をあわせてみてください。東が6時ですから、9時は第11ハウスの中央あたりにきますね。その位置が牡牛サインとしたら、第1ハウスのアセンダントは蟹サインになります。

アセンダントがきまり、太陽の位置がわかったら、他の9惑星を各ハウスに配置していきます。惑星は速度が異なり、地球より内側の内惑星である月、水星、金星、火星は早く動きます。それにひきかえ、外惑星といわれる土星・木星・天王星・海王星・冥王星の動きは大変遅く運行します。前者が個人の能力・性格・傾向を示す反面、後者は同じ星座に何年もとどまるため世代間の特徴を表します。

惑星を配置したら、惑星間の角度(アスペクトと呼びます)をみます。

アスペクトが調和しているならば、その事柄は苦労なくスムーズにいきますし、不調和の場合には、困難や苦労が待ち受けていると考えます。また性格や対人関係においても惑星の配置はかかせませんが、単純に幸運、不運で区分ができないところがアストロロジーの面白さです。惑星のメッセージを正しく理解するには、沢山のチヤート解析をする必要があります。

歴史を動かした人物のチャートをみると、その多くが、強力な幸運と苦難の惑星配置を所有しています。偉大であるほど、人はヘラクレスのように難行ともいえる試練を課されているようです。輝かしい栄光は苦難の末の賜物というわけでしょう。

反対に不調和のアスペクトが一つもなく、グランドトラインといった大幸運の惑星配置の人がいます。その人たちが栄光の人生を歩んでいるかというとそうではありません。チャンスに気づかずに、チャレンジ精神もないまま、さながら幽霊のごとく影の薄い存在として生きている場合が多いのです。

自分の能力がどこにあるのかわからない、自分らしい生き方がわからない。これらの人々の共通点は自身の性格を把握していないことです。

アストロロジーの特質と使命は、その人自身も気づいていない潜在意識もチャート上に表れるために、正確な性格分析ができる点。そして使命は、その人の可能性、幸運と試練の在りかを教え、かつ運命の分岐点がいつかを教えてくれることです。ただし、それを実現するのはアストロロジーではなく、その人自身なのです。アストロロジーは自身を磨き、運命の日に大きな華を咲かせる手助けをする強力なサポーターなのです。




back